福岡市・大分市の音楽教室 「花音・音楽アカデミー」 まお♪がお届けする、音楽大好きな方の為のサイトへようこそ!!

和楽器の種類

FrontPage

和楽器の種類は?

和楽器の種類はおもに、琴・筝(十三絃・十七絃)、三絃(三味線)と尺八、これに打楽器を含めた物を言います。
このほかにも胡弓などもあります。

十三絃と十七絃の琴

琴の種類には、十三絃と十七絃がありますが、一般的に『琴』と言えば十三絃のことを指します。
十七絃は十三絃に比べ低いパートを弾くための物で、いわゆる『ベース』のような楽器と言えます。

琴の大きさは、十三絃で約1.9m前後。十七絃では2m30cm前後のものが一般的です。
それでも十七絃も軽自動車に乗せることが出来ます。
「家に置くにはちょっと・・・。」と思われる方もいるかと思いますが、壁に立てかけておけばさほど場所をとることも無いのですよ。

琴の流派は、大きく分けて山田流と生田流があります。特徴的な違いは、『爪』です。
山田流は丸爪、生田流は角爪です。
当音楽アカデミーは生田流の流れです。

尺八

尺八

尺八の種類は、1尺6寸と1尺8寸、これに2尺のものがあり、長さで呼んでいます。
尺が長ければ長いほど低い音となり、2尺の尺八がもっとも低い音程となります。

尺八の流派は、大別すると都山流(とざん)と琴古流(きんこ)がありますが、この他にもいくつもの流派が存在します。

太鼓

打楽器

打楽器の種類は、琴や尺八を中心とした三浦社中では主に合奏の際に使用します。
和太鼓や小鼓、小切子(こきりこ)、ドラ、シンバルなども使用します。
ただし当会では合奏以外での指導は致しかねますので、和太鼓にご興味のある方は別の会をお探しください。
情報が入りましたら当サイトでもお知らせいたしますね。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional